ホームラン

スポンサーリンク
喜び

野球において、最高の結果の一つに「ホームラン」という結果があります。

スタンドに運べばホームベースまでゆっくりと帰ってこれます。アウトになる確率は限りなく低い。

打者として最高の結果と言えるでしょう。

では、人生においての「ホームラン」は?

喜びと笑顔

その日1日を、野球の試合に例えてみましょう。

朝目が覚めた時、試合開始。それから1回2回と試合が進みます。そして、布団の中でその日を終えます。ゲームセット。

さて、どんなゲームプランですか?

僕は、「人に喜んでもらいたい」「人に笑顔になってもらいたい」そんなゲームプランです。

僕にとって、「喜び」と「笑顔」はホームランです。

チャレンジ

バッターとしてヒット打つためには、バットを振らなければボールを飛ばすことはできません。

時には、三振することもあるでしょう。結果としてゴロになったりフライになったり。思い通りの結果が出るとは限りません。

それでも、バットを振らず構えているだけでは何も得られないのです。

僕自身のゲームプランである「喜び」「笑顔」という結果を得るためには、バッターボックスでスイングするように、日常の生活の中で、何かアクションを起こさなければなりません。

例えば、人に笑顔になってもらいたい。

そうするなら、人と出会った時に最高の笑顔で、元気な挨拶をするとか。

人に喜んでもらいたい。

ちょっとした気遣いやサポートをするためには、周囲に目を配るとか。

それらの行いをして、笑顔や喜びに繋がるかはわりません。しかし、自ら考え行動するからこそ、結果として得られるのです。

1日、何もせずに「喜んでもらう」とか「笑顔になってもらう」なんてこと少し難しいように思います。

それぞれにゲームプランは異なります。しかし、結果を得るには行動=アクションを起こさなければヒットもホームランも生まれません。

見逃し三振

よく野球では「見逃し三振」はダメだと言われます。空振り三振と見逃し三振。結果としては、どちらもアウトです。

しかし、その内容は大きく異なります。

バットを振るというアクションを起こしたが当たらなかった。

なにもしなかった。

少し極端な言い方になりましたが、やるかやらないかの違いです。

絶対に失敗はつきものです。うまくいかない時だってあります。しかし、それを恐れていつまでもいつまでも、見ている。考えているだけでは何も得られないということです。

どんなに素晴らしいアイデアも実行するから良い結果として実るのです。

初めて飛行したライト兄弟は何度も何度も空を飛ぶことに挑みました。周囲の人が「そんなのは無理だ」「できっこない」と言われても。

あなたのゲームプランは?

やりましょう!目指せ「ホームラン」

コメント

  1. よくできる人 より:

    これは、大谷くんか?